初めてのBBクリームについて

化粧品と言うのは中学生あたりから意識をし出したのですが、実際に使ってみてまず疑問に思ったものがBBクリームでした。

 

名前からして何かの略称なのでしょうが分からずにいましたが、どうやらBlemish Balmの略称であり傷などを補修するクリームとして有効みたいでした。

 

実際に母親が持っている化粧品にあったものでしたし聞いてみると若いからまだ使う必要ないとも言われたのですが、自分は大学生になってからやはり将来的な肌ケアをしたいなと思ってBBクリームを使い始めました。

 

BBクリームは特にオールインワンタイプのものが多くて、それでオールインワンタイプは実際にいくつか使ってみたもののあまり効果が感じられないという感想がありました。

 

まあ安いものを使っていたということもあり、それで口コミなどで良い商品を選んでBBクリームを使い始めました。

 

やはり保湿効果やUVカットのものが入っているのが便利ですし、時間がない社会人などでブームになったというのもうなずける便利さだと思いました。

 

これ一つで十分に効果が出るのですが、自分はもうちょっとポイントで使いたいものもあったので複合的に化粧品を選んで使っています。

 

やはり使い始めてみると下地のノリが良くなっていくので便利で使いやすいと思います。

 


BBクリームで手早くメイクを

 

肌をきれいに整えていると清潔感が出てきれいに見えるものです。

 

しっかりメイクとまではいかなくても、きれいに見えるような肌へ整えるという事はどのような方にとっても必要でしょう。

 

仕事などをしていれば、最低限の清潔感は欠かすことが出来ません。

 

しかし、忙しい朝にきちんとメイクをするという事は難しい場合もあります。

 

お子さんなどがいるとそちらの準備に時間を取られ、自分のことは二の次になってしまうお母さんも多いはずです。

 

そのようなときに簡単に使うことが出来るBBクリームを利用してみましょう。

 

BBクリームはスキンケア成分も多く含んでいますから、これ一本でスキンケアとベースメイクができる便利なアイテムです。

 

細かく塗りこめばファンデーションを付けた肌と変わりなくみえる場合もありますし、時間のないときはさっと塗って広げるだけで清潔感のある肌に見せることもできます。

 

基礎化粧品の後に下地を付けて、その上にファンデーションを塗っていくという手間を省くことが出来るため、忙しい人にほどうれしいアイテムです。

 

女性の社会進出が進むにつれ、女性のあわただしさも増していきます。

 

こうした便利なアイテムを上手に利用して効率と綺麗な肌を両立させていきましょう。

 

お気に入りのBBクリームは2個買い♪

 

実は、BBクリームってなんとなくべとつく感じがして、あまり好きじゃなかったんです。

 

でも、SPFやPAといった日焼けに効果のでる成分を含んだものが多くなってきたので、久しぶりにBBクリームを使ってみてビックリしました。

 

以前よく使っていた時よりも、サラッとした感じで伸びも断然よくなっているんです。

 

化粧品って暫らく遠ざかっている間に、ドンドン進化をとげるんだな〜と実感しました。

 

日焼け止め対策と簡単メイクが一度にできるのは、これからの季節大助かりですし、日焼け止めだけを出掛ける前ににサッと塗るだけのスッピンより、BBクリームなら肌の色の補正もしてくれます。

 

これにルージュを引いて、チークを叩けば、ワンマイルメイクには十分です。

 

朝一には、化粧水を充分肌に馴染ませてから使うと、BBクリームの肌馴染みもさらに良くなりますし、そのうえにポンポンとパウダーを叩けば更に言うことなしです。

 

更に言えば、保険用のBBクリームを1つ玄関先に置いておくと便利ですよ。

 

忙しくてバタバタしている時には、玄関先でサッと伸ばして出掛けることも出来ますし、手や首にうっかり日焼け止めを塗り忘れた時などにも、この保険のBBクリームさえあればお出掛けの最終準備が玄関先で完了します。

 

お気に入りのBBクリームは、2個買いがオススメです。

 

私のBBクリーム体験談

私が初めてBBクリームを使ったのは、母からの勧めがあったからでした。母はそのころ中国旅行にハマっていて、何かといっては中国での買い物ツアーをしていたんです。

 

そのときはIKKOさんが使っているBBクリームが安く売っていて、それがすごく良いからといって実家を離れている私のところまでわざわざ送ってきてくれました。
当時私は学生で、高校時代は田舎のもっさりした女性生徒だったので、それほどメイクが得意な方ではなかったんです。だからBBクリームときいても、耳にしたことはあるけどどんなものなのかは分からないという状態でした。

 

だけどせっかく母が送ってきてくれたのだから、ととりあえず使ってみることにしたんです。使用法はネットで検索しました。コンシーラーなどを使わずとも肌を綺麗に整えることができるということで、なかなかよさそうじゃないのと思いつつ塗ってみたんです。ところが私には、それが普段のパウダーファンデとどう違うのかよくわかりませんでした。

 

今思えば、そのころは肌が綺麗だったんですよね。しみもしわもくすみも、特に気になるものはありませんでした。張りもありましたし乾燥が気になることもなく、そういえばメイクをする意味だってよく理解できていませんでした。大学に入るまでまったく肌をいじっていない水が綺麗な田舎育ちだとそうなるものなんです。

 

そんなわけで、BBクリームは当時の私にとっては宝の持ち腐れとなってしまいました。

 

そんなBBクリームの本当の効果を私が実感したのは、30を過ぎてからのことです。20代そこそこのころと比べたら、肌はよれよれ、小じわやほうれい線、しみもしわもニキビ跡も気になるところばかりの肌になっていました。おまけに乳児の子育てに追われて、まともにメイクをする時間すらなかったんです。

 

とはいえ、夫のいる休日以外でも外に出なければいけないときはあります。どうすれば短時間で人目に耐えうる顔になれるのかと考えた結果、再びBBクリームを使ってみることにしたんです。使ったのは母がくれたものよりずっと安価なクリームだったと思います。

 

だけどこれがすごかったんです。もう下地すら塗りたくなくて、肌にそのまま乗せて伸ばし上からパウダーを叩いただけ。でもそれだけで普通にファンデを塗ったときと変わらない質感になりました。

 

こんなに簡単なら早く使えば良かったと後悔したほどです。BBクリームってきくと美容に敏感な人が使うイメージでしたが、ずぼらで面倒くさがりな私にこそ向いているものでした。
参考:BBクリームのココがイイ!!


更新履歴